<< 「オレンジ鴨」? | main | あと十日です! >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    紅玉のタルト

    0
      毎年恒例ですが、そろそろ
      『タルト・タタン』 を作ろうかなー と。

      「タルト・タタン」というデザート
      作り方は別にして、料理名に関しては認知度の高い「フランス料理」の一つだと思います。

      なので、僕の下手くそな説明は省き「ウィキペディア」をリンクしておきましょう。
      いやー さすが解り易くて面白く書いてあります!

      さて、
      最初にも書いた通り、毎年 今頃になると作り始めるデザートなのですが、
      そのタイミングというのは

      『紅玉』という品種のリンゴを見つけた時になります。

      大きさは200g程の小玉で名前の通り真っ赤になる品種です。
      日本には明治時代の初めにアメリカから入ってきて一世風靡した品種なのですが、
      どんどんと美味しい新品種が登場したおかげで今では置いていないスーパーの方が多くなってしまったのが残念です。

      市場の八百屋に注文しても
      「売れ残ってしまうと困るから、ケース単位で注文して。」
      と言われてしまう始末です。

      確かに 「フルーツ」の良し悪しって 『生食の味』で見られますから仕方ないのかもしれません。

      がしかし!
      酸味が強く、煮込んでも煮崩れしにくい肉質の「紅玉」こそ調理用として本領を発揮するのです。

      ですから、店で買うリンゴは ほぼ「紅玉」。
      必然的に僕自身の口に入るリンゴも ほぼ「紅玉」。 生食でもです。

      ここ何年かは、生食しても 一番美味しい品種は「紅玉」なんじゃないかな?
      と 思うようになってしまいました。 食べ慣れですね。


      今までは、大きいサイズ(12人前ぐらい)で作って切り分けていました。
      今年は初の試みで一人前ずつの大きさで作ってみようかと。



      僕は、「どうだー!」という気持ちだったんですが・・・

      スタッフには、「これじゃ 二人前ですよ」と・・・

      確かに計算してみると、これ一台にリンゴ 1.7個使っている事に気付きました。

      予定変更「二人前です!」 アイスでも添えて出しましょう。
      la-floraison * デザート * 17:11 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 17:11 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ