スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    感謝 感謝 感謝 です!

    0
      突然ですが・・・。

      2007年の開店からもうすぐ7年間
      多くのお客様と出会い、楽しく営業して参りましたが、
      2月23日(日曜日)をもちまして閉店することとなりました。

      お客様始め スタッフ・業者の方・・・などなど
      沢山の人に助けられここまでやってこれたのですから、
      ちゃんと理由もお伝えしないといけないと思うのですが・・・

      一年間 いろんなことを自問自答しながら出した結論ですから、
      上手くまとめて説明するのが すごく難しいです。



      2007年3月 会社を立ち上げこの物件を契約しました。
      当時29歳と9ヶ月でした。
      正直 何もかも あまかった! 今考えると恐ろしくなるくらい。

      どうにかなってきたのが4年目ぐらいですかね。
      それまでは、「潰したくない!」の一心でしがみついていましたよ。
      パソコンの電源の入れ方もしらないくせに営業の為にとブログを始めたのもこの頃です。

      苦しんでいる僕を見ているせいかスタッフも皆 本当に協力的で長く勤めてくれる子ばかりだったのは大きかったですね。


      2013年 6年目の時。
      あることがきっかけで
      「10年後・20年後・30年後の自分」
      ということを考え始めました。

      恥ずかしいことに それまでは考えたことが無かった気がします。
      20代前半は、フランスに修行に行くことだけを考え、
      帰国してからは、自分の城を持つことだけを考え、
      この店をオープンしてからは・・・
      考える余裕がなかったのだと思います。


      一つの店を10年・20年・30年と長く続ける事もすごく素敵な事だと思っています。

      そう思いながらも、37歳という自分の年齢を考えた時
      まだまだいろいろチャレンジしてみたいという気持ちも捨てがたい・・・。

      一度きりの人生ですから。

      二十歳から40年間「フランス料理のコックさん」が出来るとして、
      まだ17年目ですからね。
      まだまだ『波乱万丈』を目指したいんです!



      閉店理由としては 非常にざっくばらんな説明になってしまいましたが、
      なんとなくは伝える事が出来ましたかね?


      大変な事だらけでしたが、お客様やスタッフの笑顔のおかげで毎日楽しく営業することが出来ました。
      「フロレゾン」を通して出会った皆様に本当に感謝しております。

      この「フロレゾン」を作って本当に本当に良かった!!

      残り3週間の営業となりますが、どうぞ宜しくお願いします!



       
      la-floraison * お知らせ * 00:16 * comments(6) * trackbacks(0) * -

      よいお年を!

      0
        本日で2013年の営業を終了します。

        毎年 思うことですけど、
        「あっという間だったなーー。」

        いろいろ振り返ってみたいんですけど・・・
        とりあえず体が疲れきっています。

        とにかく今は眠りたい・・・。


        新年の営業は、4日(土曜日)よりスタートします。

        4日間 リフレッシュ休暇を頂きまして、
        新たな気持ちで頑張ります!


        2014年も宜しくお願いします。

        よいお年を!

        la-floraison * お知らせ * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        クリスマスメニュー全貌

        0
          クリスマスメニューが本日よりスタートです。

          ということで、すべての皿の写真を撮ることが出来ました。

          頭の中で出来上がっていても、仕上げの段階や盛り付けは基本的に「ぶっつけ本番主義」なのでスタッフすら始めて見ることになります。

          経験上 それで十分です。
          この瞬間がこの仕事の醍醐味の一つです。
          決まってしまえば、後はとにかくこなしていくだけですから。


          ちょっと長くなりますが、2013年のクリスマスメニューを紹介していきましょう!

          まずはランチのクリスマスメニュー¥3150から

          ●鶏の赤ワイン煮とフォアグラのテリーヌ
                      赤キャベツのマリネ添え



          ●鮮魚(ヒラスズキ)のポワレ
             タケイファームのミニ大根とウイキョウのクリームソース



          ●フランス産マグレ鴨のロースト
                    ミカンのソース



          ●林檎づくしのクリスマスデザート と コーヒー・紅茶
            ・王林のムース ・紅玉と生姜のジャム
            ・カルヴァドス(リンゴブランデー)のシャーベット








          続いて ディナーのクリスマスメニュー¥6300

          ●海の幸のオードヴル2種
            ・天然本鮪のタルタルとアボカドのムース カレー風味
            ・特大帆立貝柱の軽いスモークとレンズ豆のサラダ



          ●ホットワインに漬け込んだフォアグラ
                       ブリオッシュ添え



          ●鮮魚のスフレ ブイヤベース仕立て


          ●お口直し シャルトリューズのシャーベットと
                          金柑のコンポート


          ●フランス産 ウズラの五穀米詰めロースト
                   マデラ酒と粒マスタードのソース



          ●林檎づくしのクリスマスデザート と コーヒー・紅茶
            ・王林のムース ・紅玉と生姜のジャム
            ・カルヴァドス(リンゴブランデー)のシャーベット




          いかがでしょうか?
          自分的には満足の出来になっております。
          コストパフォーマンスもすごく良いと思っております。


          今年は、本番の24日・25日が週の真ん中にきてしまうという最悪の事態な訳で・・・
          予約がまだ埋まってないんです!

          どうしましょう?

          冷蔵庫には例年どうり100食分用意してあります!

          まだ間に合います!
          ご予約お待ちしております。


          la-floraison * お知らせ * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          いっぱいいっぱいになっています・・・

          0
            またまたブログ更新をさぼっています。

            クリスマス、年末年始の各種お知らせ などいろいろあるのですが・・・

            ホームページのトップページの方にまとめて載せましたのでそちらをご覧下さい。


            今年のクリスマスは今までの中で一番お得になっています。
            値段自体も一番安い ¥6300 ですしね。

            その理由は、『ワインペアリングコース』¥2000
            っていうのを同時にやってみようかなと思いまして料理の予算を抑えた訳です。

            ちょっと前から高級店などでやっている
            コース中のすべての料理に それに合わせたワインを付けるって奴です。

            店側も客側もきっと楽しいです。

            いろんな理由で通常営業でそれをおこなうことは当店には無理なんですね。
            ですが、クリスマスメニューなら可能ではないか? と温めてきた案なんです。


            満足していただけるといいのですが・・・

            なんせ初めての試みなので不安です。

            「ワイン」の方はワイン屋さんと十分な打ち合わせの上で決めたので問題なしです。
            唯一の課題は提供の仕方。

            まだ時間はありますから、シュミレーションを重ねて頑張ります!


            あと 毎年恒例の
            『お正月用 お持ち帰りオードブル』
            も予約受付してますので、宜しくお願いします!


            詳しくは、ホームページにPDFファイルをリンクしていますのでそちらをご覧ください。
            la-floraison * お知らせ * 17:31 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            いやー 久しぶりだなー

            0


              久しぶりに雑誌の取材を受けました。
              一年半ぶりぐらいでしょうか?

              このお店も7年目でフレッシュ感も無いですから・・・
              「取材」を受けることなんてもう無いかなーなんて思っておりました。

              コンビニでも売られる本みたいですから
              地元の多くの人に見てもらえるでしょう。

              これから年末にかけて「初めてのお客様」に出会えるのを楽しみにしております。
              la-floraison * お知らせ * 17:23 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              あと十日です!

              0
                『ボージョレ・ヌーヴォー』がそろそろ解禁です!

                今年は、21日(木曜日)ですから、あと十日ですね。


                『ボージョレ・ヌーヴォー』は、日本が生産量の約半分を輸入する世界一の消費大国と言われていました。(近年では中国に抜かれてしまったようですが・・・)

                世界の中でいち早く飲めるというイベント効果が 日本人の「初物好き」な所を刺激して消費者に浸透したんでしょう。


                そうだったにしても、フランスの一つの地区の『新酒のお祭り』で使うワインが
                日本のコンビニで買えるんですから もの凄い事ですよね!

                日本中で盛り上がる事は良い事だと思いますよ・・・。
                ですが・・・日本のフランス料理店では死活問題になることもあるんですよね。

                大手各社は「ペットボトル」なども使い安値競争しております・・・。
                しっかりとした生産者のワインは、いくらお祭り事といっても そんなに安く売れるワインにはなりません。
                つまり、このお祭り用に大量生産されたワインということですよ。
                今年は、去年に続き「難しい天候」だったみたいですから、余計にその差が出てくるでしょうね。

                真面目な生産者が報われると思うと、何だかちょっと嬉しくなります。

                せっかく 年に一度のお祭りです。
                「厳しい状況の中頑張った」生産者の事を思い浮かべながら味わった方が有意義な時間を過ごせるのではないでしょうか?

                当店でご用意した『ボージョレ・ヌーヴォー』
                la-floraison * ワイン * 17:05 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                紅玉のタルト

                0
                  毎年恒例ですが、そろそろ
                  『タルト・タタン』 を作ろうかなー と。

                  「タルト・タタン」というデザート
                  作り方は別にして、料理名に関しては認知度の高い「フランス料理」の一つだと思います。

                  なので、僕の下手くそな説明は省き「ウィキペディア」をリンクしておきましょう。
                  いやー さすが解り易くて面白く書いてあります!

                  さて、
                  最初にも書いた通り、毎年 今頃になると作り始めるデザートなのですが、
                  そのタイミングというのは

                  『紅玉』という品種のリンゴを見つけた時になります。

                  大きさは200g程の小玉で名前の通り真っ赤になる品種です。
                  日本には明治時代の初めにアメリカから入ってきて一世風靡した品種なのですが、
                  どんどんと美味しい新品種が登場したおかげで今では置いていないスーパーの方が多くなってしまったのが残念です。

                  市場の八百屋に注文しても
                  「売れ残ってしまうと困るから、ケース単位で注文して。」
                  と言われてしまう始末です。

                  確かに 「フルーツ」の良し悪しって 『生食の味』で見られますから仕方ないのかもしれません。

                  がしかし!
                  酸味が強く、煮込んでも煮崩れしにくい肉質の「紅玉」こそ調理用として本領を発揮するのです。

                  ですから、店で買うリンゴは ほぼ「紅玉」。
                  必然的に僕自身の口に入るリンゴも ほぼ「紅玉」。 生食でもです。

                  ここ何年かは、生食しても 一番美味しい品種は「紅玉」なんじゃないかな?
                  と 思うようになってしまいました。 食べ慣れですね。


                  今までは、大きいサイズ(12人前ぐらい)で作って切り分けていました。
                  今年は初の試みで一人前ずつの大きさで作ってみようかと。



                  僕は、「どうだー!」という気持ちだったんですが・・・

                  スタッフには、「これじゃ 二人前ですよ」と・・・

                  確かに計算してみると、これ一台にリンゴ 1.7個使っている事に気付きました。

                  予定変更「二人前です!」 アイスでも添えて出しましょう。
                  la-floraison * デザート * 17:11 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  「オレンジ鴨」?

                  0
                    先日 テレビで
                    「ブリ」の養殖でエサに「オレンジの皮」を混ぜて
                    『オレンジ風味のブリの刺身』を作る というのを見ました・・・。

                    魚から「生臭さ」を消すことによって
                    若い世代の魚離れを解決するためですって・・・
                    素材自体の味を変えてしまうなんて・・・

                    うーーん・・・
                    どうなんでしょう?
                    骨を取り除いた魚が爆発的に売れる時代ですからね。しょうがないのかな。

                    今 流行の『食育』っていうのと逆行していませんかね?


                    全然 話は変わりますが、「オレンジ」繋がりで、

                    『鴨腿肉のオレンジ煮込み』 始めました!


                    「鴨」と「オレンジ」の組み合わせは、『ザ・クラシック』ですね。

                    昔 フランスの高級レストランでは「鴨料理には甘いソース」というのが決まりのようになっていたみたいです。
                    その中でも、『オレンジソース』は現代にも受け継がれている組み合わせになります。

                    「素材自体の味を大事にする」という事から「時代遅れ」という人もいますけど。

                    僕は 大好きな組み合わせです!
                    素材だけでは出せない味が出来上がります。


                    鴨にオレンジをエサとして与えたら、焼いて食べただけでこの味が得られるのでしょうか?

                    上手く説明できませんが、
                    たとえ そうであったとしても、それは何か違うような気が・・・。
                    la-floraison * 肉料理 * 18:59 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    ハロウィン

                    0
                      基本的に青果・魚介類の買い物は毎朝 市場ですませます。

                      ただ 買い忘れや急に必要になった物は、近くの「イトーヨーカドー」に探しに行く事が多いんです。

                      市場や他の小さな八百屋に比べると若干割高にはなってしまいますが、
                      質に問題がなく種類が豊富です。
                      一つ問題があるとすれば、売り場が広くていろいろな誘惑があり 余計な買い物をしてしまうことぐらいでしょうか・・・。

                      食料品売り場である 地下に下りるエスカレーターの前に
                      地元(松戸)の野菜売り場があります。

                      ここは要注意です!
                      僕と同世代であろう まだ若い世代の農家の人たちは、
                      まだ知られていないような野菜にチャレンジしています。

                      僕にっとっては 予定外の誘惑です・・・。

                      「何に使うの? 本当に必要なの? 趣味じゃないんだよ!」
                      と 自問自答を繰り返します・・・。

                      今回は、この野菜の前で・・・



                      『バターナッツ』と呼ばれる野菜です。
                      最近では結構知られてきている野菜ですかね?
                      でも、食べた事があるっていう人はどれくらいいますかねー?

                      フランスではメジャーな野菜だと思います。
                      「Courges」ウリ類(カボチャ)の仲間で、『Noix de beurre』と呼びます。
                      Noix が 「クルミ」
                      Beurre が 「バター」
                      ですから、『バターナッツ』と似た呼び名ですね。


                      今回は、予想以上になくなってしまった『ポタージュスープ』の材料を買うのが目的で来店しましたから・・・
                      迷うことなく購入です!
                      偶然ですが・・・「ハロウィン」ですしね!


                      それにしても・・・
                      家庭のお母さんが この野菜を購入するのでしょうか?
                      想像できません・・・。


                      la-floraison * 野菜 * 17:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                      日本人には無い発想 「〜風」

                      0
                        『洋梨』を購入して「コンポート」に加工しました。

                        今回 購入したのは、『レッドバートレット』と言う品種の洋梨です。
                        出回る数がかなり少ないので、出始めたと思った途端に入荷が終わってしまう品種です。

                        とは言っても、洋梨にもいろいろな品種があって 少しずつ旬がずれていますから
                        年内は なんかしらの洋梨が手に入ります。


                        個人的に大好きな果物です!
                        勿論 生食も最高に美味しいと思いますが・・・「コンポート」に

                        痛んでしまったら元も子もないですし、
                        生のままカットだけして出すのもね・・・
                        少しはテクニックを加えたいですからね。


                        今回は、『ベル・エレーヌ風』と呼ばれるデザートに仕立てました。

                        フランスの古典料理には、「〜風」と呼ばれる料理が沢山あって面白いです。
                        この料理もその一つ。

                        『エスコフィエが考え、フランスの作曲家・ジャック・オッフェンバックによって創作された有名なオペレッタの名をとって出されたとされている一品。』

                        だそうです。

                        洋梨のコンポート・バニラアイス・チョコレートソースを組み合わせたデザートです。
                        (ホイップクリーム・アーモンドスライスで飾ったバージョンもよく見ます。)

                        シンプル かつ 斬新 な組み合わせで僕の好みです。

                        la-floraison * デザート * 17:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                        このページの先頭へ